【完結】四天王最弱の俺が、次期魔王? 〜最弱なので追放される…と思いきや、魔王や他の四天王からめちゃくちゃ慕われてた〜

著者:shiryu

完結しました。
続きを書くかは未定です。

――――

四天王のシモンは、四天王の中で最弱である。
だからそろそろ四天王から降ろされる、追放されると思っていた。
しかし、魔王から呼び出されて言われたことは……

「シモン、次期魔王はお前に決定した」
「はっ?」
「他の四天王も満場一致で賛成している」

四天王最弱なのに、なぜか次期魔王になっていた。

「追放は?」
「なぜお前のような優秀な奴を追放しないといけない、馬鹿か」

魔王だけじゃなく他の四天王も、シモンをとても評価していた。

「シモンちゃんじゃないと時期魔王は務まらないでしょー?」
「貴様だけが、私のライバルなのだ。逃げるのは許さん」
「シモンさんが四天王をやめるんだったら、ボクもやめます!」

これは四天王最弱のシモンが、仕事を優秀にこなしながら、いつかみんなでスローライフを送ろうとする物語。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました