気が付いたら「俺からの愛を期待するな」と言われた悪役令嬢になっていた件について

気が付いたら、愛読していた小説の中にいた。
それも「俺からの愛を期待するな」と婚約者から宣言されるシーン。

異世界転生物の悪役令嬢が出てくる小説を愛読している人は多いと思う。だけど、自分がその世界の悪役令嬢になりたいと思っている人は少ないはずだ。

物語の先を知っているだけに、どこか他人事のように思えてしまうこの展開。
私の人生は、小説が終わった後から始まるのかな? 希望(切実っ)

そんなお話です。(全8話)

誤字脱字報告ありがとうございました。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました