幼馴染の女子高生は、大好きな腐れ縁の男子を美少女転校生に譲らないために、誰よりも先に秘めた想いを告白するようです。

慶介とは保育園からの腐れ縁だ。いつも隣にいるのが当たり前で、喧嘩をしあったり、一緒にお風呂だって入ったこともある。いつだって二人は隣にいるのが当たり前だった。
でも高校二年生になって、クラスにとんでもない美少女の転校生がやってきた。
彼女が転んでいたところを助けたことをきっかけに、慶介はどんどん彼女に惹かれていく。
そんな様子を見て胸が痛み、そして初めて慶介が異性として好きだと気付いてしまった。

隣から慶介がいなくなるなんて、考えられない。
相手は稀代の美少女で、自分は何の変哲もない平凡な女子だ。不安と恐れしかなかったが、言葉にしないと伝わらないと腹を決めた。
その日のうちに慶介を呼び出して、勇気を持って秘めた想いを告白した。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました