悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~

気がついたら、前世で好きだった小説の中の悪徳令嬢に転生していた!
それに気がついたアリシアは、ひたすらフラグを回避すべく頑張った。けれど、気がつけばなにもしていないのに悪徳令嬢と呼ばれ、そして、処刑の時が迫る。疲れきっていたアリシアは、騎士団長と二人、処刑場所となる岬に向かう。岬に立つ十字架を見つめながら、次に生まれ変わったら、貧乏でもいいから、大好きな人と結婚して穏やかな一生をおくりたいーー、そう思っていたとき、いきなり騎士団長が膝を折ってーー、え?求婚?今までさんざん悪徳令嬢呼ばわりして追いかけ回していたくせに、ふざけるんじゃありませんわ!!断固、お断りいたします!

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました