【短編】悪役令嬢だと思い出したので、振り切っていこうと思います

著者:マキムラK

シルフィアが前世と自分の役割を思い出したのは『断頭台』の上だった。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました