『無敵メンタル』のアルゴ~スラム育ちの商人が腐敗した連中を叩き潰し、世界を牛耳る冒険者ギルドを設立するまで~

著者:peco

『お前の居場所ねぇからァアアアア!!!www』

 と、出る杭として打たれ、ハメられて莫大な借金を背負わされ商会ギルドを追放された商人、アルゴはそれをむしろいい機会だと思った。

『組織の下につくのは煩わしい。だから、俺が作る。傭兵ギルドも魔物狩りギルドも商会ギルドも全部一緒くたにしたバカデカい組織……〝冒険者ギルド〟をな』

 腐敗したあらゆる組織をぶっ潰し、搾取され、貧乏で野垂れ死ぬ奴が少しでも減るように。

 そう考えたアルゴは、まずは資金の融資とそれを集める名声を手に入れるために、仲間と共に動き出す。

 インテリヤクザなオールバック、礼服を着た商人アルゴ。
 超絶美形で貴族の息子、黒いローブをおしゃれに着こなす三下属性の魔導士イーサ。
 食欲魔人で美男美女大好き、狼獣人の美少女ウルズ。
 
 アルゴは、借金の担保と準備資金として、経済の動向を読んである程度の財産を作り。

 富豪との交渉や、Sランク傭兵とのコネ作りをし。

 『Fランク魔物狩りのまま、Sランク指定ダンジョンを踏破する』という目標を立て、これを実行。
 
 あの手この手で、正々堂々商人としてのスキルを遺憾なく駆使しながら名声と金銭を溜め込み、ひたすら『冒険者ギルド設立』という目標に向かって突き進んでいく。

 これはアルゴが、伝説として名を刻むまでのお話。
 
『ーーー俺がアルゴだ。お前らが見る目のなさを後悔しても、もう遅い』
 

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました