内定先は家政夫でした〜どうやら俺は隣の綺麗なお姉さんの胃袋を掴んだようです〜

著者:yocco

就職目前と思っていた冬。浩史は内定取消を企業から受け取る。
そんなとき、お隣に住む年上のお姉さん、東條咲良さんと公園で出会う。
バリバリの年上キャリアウーマンで、巨乳。でも、童顔な、そんな憧れの女性が、実は日々仕事に追われてコンビニ弁当暮らしだったらしい。
それを聞いた浩史は、「残り物で良ければ……」と彼女に自分の手料理を振る舞う。
そうしたら、「ねえ。就職活動中の間だけでいいから、家政夫しない?」
そう彼女から提案されてしまう。
胃袋を掴んだらしい年下男子(二十二歳就職活動中)と、マンションのお隣に住む可愛いお姉さん二十九歳。
そんな、美味しくて、じれじれな恋愛ものはいかがでしょう?
ブクマやポイントで好評なようであれば、続きを書いてみようかな〜と思ってます。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました