婚約者に裏切られた私は熊より強くなりました

「…アンリ。俺、絶対立派になって、お金持ちになって帰ってくるよ。…待っててくれ。」

この何も無い村で一緒に育ってきた幼馴染は、そう言って私を強く抱き締めてから…馬車へと乗り込んだ。行かないでと言いたかったけど、泣きすぎて喉が引きつり声が出なかった。

「私も…待っ…てる…から…!」

それでも絞り出すように言えば、彼は小さく笑って手を振り返してくれた。

走り出す馬車が村の出口を通り過ぎていく。森の木々に隠れて彼の空色の髪も見えなくなった。それでも私は手を振り続けた。彼が帰ってきますように、祈りを込めて。

祈りが彼に届くはずなんて、なかったのに。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました