そうして神様は死んだ。

生まれた時から「神様」として育てられ、何者とも関わってはならない少女。
彼女にとっては孤独が普通だったが、ある日、弱った雀を拾って介抱してしまう。

雀との触れ合いに喜びを感じる少女。
しかし、雀はある日、姿を変えて飛び立ってしまった。
そしてまた、少女自身も「神様」としての役割を果たす時がやってくる。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました