無理やり転校させられて生徒会を救ったら、「もう用無いから」と元の学校に返された僕。今さら戻ってくれと言われても、もう遅い!

著者:手嶋ゆき

 現在、神谷翔(かみやしょう)は、生徒会で書記をしている。
 実は彼は一度他の高校に無理矢理転校させられ、ボロボロになった生徒会の立て直しをしたという経歴があった。
 しかしその過去は悲惨なもので、せっかく転校して生徒会を立て直したのに、付き合っていた生徒会長から「別の人と付き合おうと思う」「もう用無いから」と言われ、元の高校に返されてしまう。
 
 元の高校での生徒会は皆協力的で楽しくて仕方ない。例え、戻ってこいと言われても、従うつもりは毛頭無いのだが連れ戻そうとやって来る者がいた……。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました