馬鹿な奴等

王国騎士団で団長を勤めるハンター。

彼は勇者パーティーの一員として隊員を束ねる立場にあった。
人望の厚い彼は勇者以上の名声を集めていた。

そんなハンターに不幸が、
勇者がハンターをパーティーから追放したのだ。
そして2年が過ぎた。

元の騎士団団長に復帰していたハンターに王国から任務が。

「勇者と聖女が死んだ、ついては頼みたい事がある」

「分かりました、しかし私一人で行きます」

隊員の同行を断るハンター、そんな彼に賢者は言った。

「私も行く、お前1人では心許ない」

賢者と向かうは打ち捨てられた城跡、そこで2人が見たものは?

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました