不吉と言われ追放された黒い雷の使い手は、無限地獄に閉じ込められたので数千年鍛えることにしました。〜火?水?風?そんな魔法で迫り来る敵に勝てるんですか?言っておくが俺は手助けなんてしてやらないからな〜

著者:南雲真条

雷属性は最も弱いと揶揄されている世界。

雷系統の魔法は他の系統に比べて劣るとこの世界では言われている。炎よりも火力がなく、風のように素早く動けず、水のように変幻自在でもなければ土のように頑丈でもない。
 
ある日、ゼノン・ゼシフィードは無能と不吉だからという理由でギルドを追放されてしまった。

ゼノンが使う属性は雷。しかも黒い雷というもので、ギルドマスターから魔族を連想させるからといわれてしまう。

それに追い討ちをかけるように、幼馴染で愛を誓い合ったユイナがギルドマスターのスラクに奪われてしまい、生きて帰ってこれないと言われる〈無限地獄〉に閉じ込められてしまった。

しかしゼノンは無限地獄で何千年という年月を雷魔法の鍛錬に費やした。黒い雷ーー『黒雷』がどれだけ恐ろしい力を秘めているのかも知らずに。

攻撃力〈物〉:999999+ 防御力〈物〉:999999+ 攻撃力〈魔〉:999999+ 防御力〈魔〉:999999+ 俊敏性:999999+ 魔力:999999+

ーー「まだだ、まだ足りない」

一方ゼノンを追放したギルドは『黒雷』の力がどれだけ重要だったのか気づいたが、もうすでに手遅れ。だんだんとギルドは崩壊していく。

不吉と言われ追放された黒い雷の使い手は、無限地獄に閉じ込められたので数千年鍛えることにしました。〜火?水?風?そんな魔法で迫り来る敵に勝てるんですか?言っておくが俺は手助けなんてしてやらないからな〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました