【完】黒薔薇の渇愛

その男は冷たく
非道で
触れるものすべてを傷つけてしまうような
そんな
“可哀想”な男。
「俺のいる場所で、俺に逆らうなんて。
 頭の悪い証拠だよ?」
綺麗な顔に
汚れた心。
彼の本音は、棘に隠れて見えない。
そんな
黒薔薇の様な美しくもどこか冷めて見える彼に
心を奪われる日がくるなんてーー……。
「君が愛してくれるなら、俺も愛してみようかな……なんて。
 そんなの嘘、俺は誰も愛さないし愛せないよ。
 だって」
“そんな心、持ってないからね”
たとえ心を奪われたとしても。
こんな冷たい人
絶対に愛すことなんて、しないん……だから。
冷酷総長×地味女子
※未成年の酒、タバコは犯罪です。
暴力的な文がありますので
苦手な方はUターンでお願いします。
はじまり
2020/12/13
おしまい
2021/03/19
小説を読む

NEW!!
新リーダーで読む(お試し版)「新リーダーで読む」について

【完】黒薔薇の渇愛のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました