光を掴んだその先に。

ある日、天と地がひっくり返るような
出来事があったとしたならば。
“ごく普通”が“極道普通”に
変わってしまったとしたならば。


『ここの施設の援助を続ける代わり、
約束通りこいつは俺達が引き取る』
日本でトップを誇る極道組織
天鬼組─Amakigumi─
そんな私が唯一の一人娘…!?
『俺達の元に来い。
お前も大事なモンを守りてえんだろ』
その日から私の全てが変わった───。

日本一の極道組織“天鬼組” 孫娘
天城 絃─Amaki Ito─(16)
×
謎多き天鬼組幹部 兼 俺様教育係
那岐 絃織─Nagi Iori─(23)

『守る。俺が、…絶対にお前を守る。
───……今度こそ』
ずっとずっと昔から繋がった絃─いと─は
誰にも切る事が出来なくて───…
『我慢なんか、
…限界なんかとっくに通り越してんだよ』
『分からねえなら分からせてやる。
───身体にも心にも…全部」
それはバニラアイスのように
冷たくて、甘く───…とろける。
『だったら壊れちまえよ、もう』


『お前は俺の光だ。
光なんだ、出会った頃からずっと───…』
光を掴んだその先に。


※流血表現、暴力描写あります。
小説を読む

NEW!!
新リーダーで読む(お試し版)「新リーダーで読む」について

光を掴んだその先に。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました