アブナイ王子様たち

両親を事故で失ってしまった。
その出来事がきっかけで
唯一残った財産の
超豪邸の別荘に住むことになりました!
でも、その別荘で待っていたのは……
私を狙う5人のイケメン御曹司だった!
仕方なく
お手伝いさんとして住むことになった私。
けれど、彼らはなにかと私に迫ってきて……。
5人のうちの誰かに恋はしないと思ってたのに
なぜかドキドキしちゃって……⁉︎
*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
おだやかで優しい長男
「出会ったときからずっと好きだった」
*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
意地悪でドSな次男
「あんた、俺のこと好きでしょ」
*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
天然だけど明るい三男
「女の子って、どんな子も可愛いよね」
*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
無愛想だけどツンデレな四男
「俺のこと、好きになってもいいから」
*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
クールでミステリアスな五男
「……ごめん、我慢できない」
*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
御曹司5人と同居することになった私。
この同居生活に
危ない、危険な恋が吹き荒れます……⁉︎
******
※この物語はフィクションです。
実在の人物、団体とはいっさい関係ありません。
あらすじ
17歳の愛海はお嬢様だったが、両親の事故死により、家も財産のほとんども失ってしまう。その後、叔母から渡された父親の手紙を読んだことがきっかけで、唯一残っている財産の別荘に住むことになる。だが別荘には、お金持ちの我妻グループの御曹司5人が住んでいた。仕方なく、お手伝いさんとして、5人と一緒に住むことに。けれど、5人はなにかと愛海に迫ってきて……。
小説を読む

アブナイ王子様たちのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました