シュガーメイズキス

「杞羽がいないと俺死んじゃう」
わたしの隣の部屋に住む
2つ上の先輩は
「杞羽がギュッてしてくれたら起きる」
とても先輩らしくない
✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚
春瀬 暁生 (はるせ あき)
×
紗倉 杞羽 (さくら きう)
✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚
「俺のことひとりにしないで」
いつも甘えたばかりで
「んー……杞羽チャン、俺も男なんですよ」
その気にさせるようなことを言ってばかり
でも……
「今もこうして、
身体引っ付けられると欲情しちゃうんだけど」
ふとしたときに見せる顔は
ずるいくらいに甘いから
「あーあ。
我慢の仕方忘れちゃった」
甘く、困らされて、惑わされてばかり
*シュガーメイズキス*
*End.2020.04.05*
小説を読む

シュガーメイズキスのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました