甘くてずるい独占欲。

失恋して落ち込んでたわたしの前に現れたのは
危険な香りをまとった癒し系の王子様
「俺が慰めてあげよっか?」
どこか掴みどころがなくて
ふわふわしてて
なにを考えてるか全然わからない
「ギュッてしていい?」
「俺がずっとそばにいてあげる」
「だから泣かないで」
「笑ってよ」
絶対慣れてて
色んな子に同じこと言ってるくせに
「ねぇ早く俺のこと好きになって」
甘いセリフで惑わせながら
わたしを抱きしめる腕は
いつだって優しかった
*失恋girlと王子様系チャラ男の甘々な恋*
2020.04.13〜2020.04.25
小説を読む

甘くてずるい独占欲。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました