愛は惜しみなく与う①

【愛(あい)は惜(お)しみなく与(あた)う】
真の愛は、自分の持つすべてのものを相手に与えても惜しいものではない。
奪われても、与え続けれる人になりたい
「え?血だらけやん。どないしたん?」
そう目を丸くして駆け寄ってきたのは君
「なんでそんなに哀しそうなんだ?」
そう手を差し伸べてくれたのは君
居場所が欲しかっただけなのかもしれない
偽りでも、期限付きでも
「ゴリラ女!?」 「パンツくらいで動揺すんな!」
明るく誰からも好かれる彼女は、悲しい決意と未来を持っている
「俺はお前のためなら何だってできちゃうのにな」.
※誤字脱字はゆっくり直しますので、お手柔らかに
小説を読む

愛は惜しみなく与う①のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました