この星を見上げたら、僕はキミの幸せを願う。

星を見上げてキミは何を願っていたんだろう
流れ星なんて宇宙に漂うただのチリなのに
そう言ったら、夢がないってキミは笑ったよね
だって、夢なんか見たって虚しくなるだけ
本当は私だって、流れ星に願いをかけたかったよ
純粋な気持ちで心から強く、強く……
だけどキミと出会って、私の世界は変わり始めた
だから今、ここで、キミのとなりで、流れ星に願うよ
キミとの未来が輝いたものであるようにと……
2016.07.20~2016.08.22
加筆修正再公開:2020.01.30
第4回野いちご大賞・大賞受賞しました。
読んでくださった方、レビューくださった方、ありがとうございました。
2020.06.25発売
こちらは加筆修正前のものです。
書籍とは内容が一部異なります。
小説を読む

この星を見上げたら、僕はキミの幸せを願う。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました