恋するきみは、だれよりかわいい。

わたしの好きな人は
わたしのことを恋愛対象として見ていない。
眼中にすら入っていないのかもしれない。
どうにかして、大好きな先輩の特別になりたいのに……。
「あいつのことすきなんでしょ?」
「がんばりなよ」
すきな人の友達に後押しされて
少しずつだけど距離が縮まってる気がしてた。
でも、おかしいね?
彼はすきな人の友達。
「かわいいって言ってるの」
「会いたかったから来ただけ」
「それ、ずるいね」
なのに、いつも優しくて甘くて
わたしを翻弄する。
「まだすきなの?」
なんだか切ない表情もするから
胸が苦しくなる。
「おれじゃだめ?」
「おれのことすきになればいいのに」
先輩、あのね
——————わたしのすきな人は…….、
「桜音ちゃんのこと、だれよりもかわいいって思ってる」
【恋するきみは、だれよりかわいい。】
小説を読む

恋するきみは、だれよりかわいい。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました