オオカミさんはウサギちゃんを愛でたい。


「電話しよーよ」
「しばらく圏外にいます」
繋がんないし
「今日なにしてた?」
「穴掘ってましたね」
なに言ってるか わかんないし
「制服着てる写真ちょうだい」
スルー常習犯――……なのに
(気になって仕方ない、)

寂しがり屋のお嬢様
「すきにして、いいよ」
×
猫かぶり自衛官
「自分、門限があるので」

コドモだからキョーミない?
追いかける恋なんて知らない。
「あいたいよ」
こんなに苦しい想いするなら、
出逢わなきゃよかった……?
「わかりました」

ダサいと思ったら センスよくて
実は口が悪くて イジワルで
「ずるい、よ」
「狡くて結構」
ねえ、
「いなくなられたら困るからな」
そんなことされたら
もっと好きになっちゃうんだけど。
2020.6.14~6.23
小説を読む

オオカミさんはウサギちゃんを愛でたい。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました