不知火の姫

夜の海に輝く
一時の光の群れ
それを
不知火(しらぬい)という。
片桐 鈴(かたぎり すず)
15歳高校一年
小鳥遊 葉月(たかなし はづき)
17歳高校三年
私たちは
――――同じ孤独を抱えていた。
※『暴走族』などの名称を使ったり、暴力的表現などありますが、そのような行為を助長する目的の作品ではありません。
あくまでもフィクションです。
2017/02/24~2017/03/07
2017/03/27 ちょっと推敲。内容に変更は全くありません。
小説を読む

不知火の姫のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました