あの夏の光の中で、君と出会えたから。

君と出会った瞬間に
どうしようもないくらい 目を奪われた
君を知れば知るほど
どうしようもないくらい 心を奪われた
こんなにも君に惹かれてしまうのは
どうしてなんだろう
まるで、ずっと昔から
君の澄んだ瞳を
そのまっすぐな心を
花開くような笑顔を
知っていたような気がするんだ―――

『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら』
の続編です

転校先の中学校で出会った
不思議な女の子
周りから少し浮いていて
不良だとか噂されていて
皆から怖がられている
でも、俺は気づいてしまったのだ
彼女はーーー
「いじめとか、最低!」
「冗談でも『死ね』とか言うな!」
「仕方ないなんて言い訳、しないでよ」
「……生まれ変わり、って信じる?」

レビューありがとうございます
ナタデー様/氷月あや様
緋咲葉桜さま/日部星花さま
フェザーフォルテ様/けい様
モリシオさま
小説を読む

あの夏の光の中で、君と出会えたから。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました