【完】ほんとうの好きっていうのはね、

片思い1年。
告白する相手、
間違えました。



栗原 祈里(くりはら いのり)
高3
悩みながら進む頑張り屋
×
伊藤 紗生(いとう さき)
高2
穏やかで優しい年下の溺愛男子
×
雨森 楓(あめもり かえで)
高2
意地悪で口の悪いクール男子



片思いしていたクールな年下男子に
告白してみたら
まさかの人違い……?
「俺もずっと先輩のこと好きでした」
溺愛男子と
付き合うことになってしまった私は
「大好きです、先輩」
「……俺もいま祈里先輩のこと、抱きしめたいです」
後輩男子の甘い溺愛と
「悩みがもしあるなら、俺聞きますよ。
深夜3時でも4時でも聞くし。ね」
優しさに包まれて、どんどん好きになっていく



そんな私を見透かすような人がいた。
紗生くんの親友、楓君。私の好きだった人。
「先輩って嘘つくのすげー下手ですよね」
きみは、なにを知ってるの?
「……先輩、紗生には言わないで」
どうして私に……キスしたの



三角関係の
切ない
すれちがいラブ
✐2020.8.11~8.13完結
公開8.13~
小説を読む

【完】ほんとうの好きっていうのはね、のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました