微温的ストレイシープ

たとえば、
チンピラに追いかけられていたとする。
「た、たすけて!」
「はあ?」
死にものぐるいで迷い込んだ先が、
どうにも危なっかしい場所だったとしたら。
「死にたくなけりゃ頭下げてろ!」
「はいぃっ……!」
たまたまそこにいたのは、
闇をも統べるドーモーな獅子だったとしたら。
狙うもの、狙われるもの。
護られるもの、護るもの。
情け?プライド?
この追走劇、かけるのは命と理性。
────────────────────
これは記憶喪失の少女と
暴走族の総長が織りなす
たった一夜の、愛の物語
────────────────────
「だめ、これ以上は壊れちゃう」
「俺から離れるなよ。絶対に」
*微温的ストレイシープ
この先、大変暗くなっております。
お足元に十分気をつけてお進みください。
小説を読む

NEW!!
新リーダーで読む(お試し版)「新リーダーで読む」について

微温的ストレイシープのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました