きみの溺愛ひとりじめ。

わたしの実家のカフェに通う常連さんは
優しくてかっこよくて笑顔が素敵な人
「ゆきちゃん、今日もかわいいね」
「お代としておれの苗字もらってよ」
でも、いつも冗談ばかり言って
わたしをからかってくる
冗談だってわかってるけど
ちょっとだけ心臓に悪いです
☆+.゚☆+゚☆+.゚ ☆+.゚☆+゚☆+.゚
「こちら、サービスです」
白川雪乃
テンインサン
×
「早くおれと付き合って」
空野颯
ジョウレンサン
☆+.゚☆+゚☆+.゚ ☆+.゚☆+゚☆+.゚
ニコニコ笑顔のワンコ系かと思いきや
「その手離して出て行ってくれない?」
ピンチのときはヒーローみたいに助けてくれる
そんなかっこいい常連さんのことを
わたしはなにひとつ知らなかったんだ
*
*
*
人気者の彼だけど、
「雪乃のこと好きすぎるわ」
ひとりじめしていいですか?
小説を読む

NEW!!
新リーダーで読む(お試し版)「新リーダーで読む」について

きみの溺愛ひとりじめ。のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました