人気小説一覧
小説家になろう

星明かりとシャンデリア

祝祭の夜に願い事をかけ、見知らぬ国に迷い込んだリゼット。 家族を亡くしたリゼットが欲しかったのは、これからの時間を一緒に過ごしてくれる誰かで、何も美しい国王の補佐官などでなくても良かったのだ。 けれども、その願い事が誰かの運命を変えてしまうのなら、勿論、潔く身を引くつもりであったのに。 だが、リ....
著者 : 桜瀬彩香
小説家になろう

一途な愛は悪魔に魅入られる

家族と婚約者を愛していた娘は、悪魔に魅入られていました。....
著者 : 岡島 光穂
小説家になろう

断罪された悪役令嬢は、逆行して完璧な悪女を目指す

異母妹を虐げたことで断罪された公爵令嬢のクラウディア。 地位も婚約者も妹に奪われた挙げ句、修道院送りとなった道中で襲われ、娼館へ行き着く。 だが娼館で人生を学び、全ては妹によって仕組まれていたと気付き――。 本当の悪女は誰? きまぐれな神様の力で逆行したクラウディアは誓いを立てる。 娼館で学んだ....
著者 : 楢山幕府
小説家になろう

当然私を雇って下さいますよね? 婚約破棄の慰謝料を支払う代わりとして・・・

「エレン=ワイドナリー嬢、君には悪いがこの場において、君との婚約を破棄して、僕は新たにここにいるマリアン=ジョーンズ嬢と婚約する事にする」  エレンはその落ちくぼんだ瞳を限界まで見開いて、驚きの表情をした。そしてこう呟いた。 「破棄? 何故? 私は貴男に何か悪い事をしたのでしょうか?」  学園の卒業....
著者 : 悠木 源基
小説家になろう

【短編&完結】王国の奴隷労働力を支えていた死霊術師だけど婚約破棄のとばっちりで追い出されました!畑を耕し脱穀機を回すスケルトンは止まったけど今さら慌ててももう遅い

「帰って来いと言われても、もう遅い」テンプレが流行っているので書いてみました。 連載の第1話でなく完結です。 王宮魔術師の1人であるシュタイナーは、王子が婚約破棄を言い渡す場面を目撃する。 婚約者に刺されそうになり小便を漏らして逃げ惑った王子は八つ当たりにシュタイナーを王国から追放する。 しかし本....
著者 : ダイスケ
小説家になろう

「メンテしかできない無能はいらん」と追放になった元宮廷技官。万能のメンテスキルで、辺境でもスローライフが楽しすぎる ~え? 不具合頻発で国が回らないから戻ってくれ? 今更ブラックな職場はちょっと……~

「あなた、クビよ」 物の壊れている場所がわかる そんなスキルもちのアイオンは、技官として、宮廷内のメンテナンスを一手に引き受けていた。 しかし、新たに即位した女王が、メンテナンスをすべて外注するという政策を打ち出したことで、 アイオンはクビになってしまう。 しかも、爵....
著者 : 鈴木字未
小説家になろう

超年の差結婚だけど幸せでした! でも短すぎる夫婦生活だったのでやり直しを希望します!

五十歳も年上の旦那様と結婚したわたし、ベルイヤ・バロークは、三日前、旦那様を埋葬した墓地で女神像を蹴飛ばしていた。「旦那様に会いたい―――!」泣きながら女神像に八つ当たりしまくっていたら、「もう我慢できない! そんなに会いたきゃ会わせてあげるわよ! だからもう二度とわたしの安眠を妨害しないでちょうだ....
著者 : 狭山ひびき
小説家になろう

最強の宮廷魔法士と死に戻りの悪役令嬢~鉄壁の魔法結界で王国を守っていたのに役立たずと蔑まれ、追放されてしまいました。今更戻って来いと言われても、既に帝国と契約を交わしていますので……~

「魔法結界しか張れぬ無能な宮廷魔法士など、この王国には必要ない。アルフィ・ロッド、お前はクビだ」 「そ、そんな……っ」  魔法学院を飛び級・首席で卒業した、宮廷魔法士の少年アルフィ。彼に課せられた任務はただ一つ、「強力な魔法結界を張り、王国の民を守れ」というものだ。責任感の強いアルフィは、最強の魔法....
著者 : 月島 秀一
小説家になろう

学校ではクールな女教師が僕の前では可愛すぎる

分不相応にもマンションで一人暮らしをする主人公、長谷川誠。ある日ベランダに落ちてきたのは神聖なる御下着様であった。 ブラジャーの持ち主は、なんと高校の教師である冴木冬華。超絶美人の冴木先生は学校でも大人気だが、いつもクールで人を必要以上に寄せ付けない。 そんな彼女が主人公と仲良くなり、彼の前でだけは....
著者 : 豚骨ラーメン太郎
小説家になろう

悪役令嬢、拾いました!~しかも可愛いので、妹として大事にしたいと思います~

冒険者をしている転生者のアルマはお気楽な一人身生活で、諸国漫遊の日々を送っていた。 ある日、ちょっとしたお使いを知り合いに頼まれて移動中にトラブルに遭っている一行を見つけて手助けした。 ところが、それはなんとびっくり見たこともないような美少女で―― 「わたくし、婚約破棄を言い渡されただけでなく、....
著者 : 玉響なつめ
タイトルとURLをコピーしました