人気小説一覧
小説家になろう

一人暮らしをしたいぼっちオタクな俺が、初恋の人兼いとこの美人お姉ちゃん先生と突然同居することになった件 ~婚活させたいが、姉が嫁入りしたいのは俺らしいし、ギャル幼馴染はぐいぐいくる〜

ーー知ってた? いとこって結婚できるんだよ? 春から高校二年生になる主人公・吉原幸太(よしはらこうた)は、生粋のギャルゲーマー。 ゲームに浸るため、一人暮らしをするのが夢だった。 そんなある日、タイミング良く、家族が遠くに引っ越すこととなる。 念願叶って一人暮らしをできるはずが、入居初日、新....
著者 : ちーちゃん
小説家になろう

騎馬の民、シャンバラを征く~山羊に跨った凡骨少年、闇エルフの姫と出会い、英雄へと道を踏み外す~

 山羊に乗って飛竜と追いかけっこしたり、闇エルフのヤベーお姫様(愛情ヘビー級)と知り合って贈り物(意味深)されたり、前世の記憶に目覚めただけの凡骨少年が大馬鹿になって道を踏み外すお話。  ※R-15指定。雑に死人が出る、奴隷など残酷描写があるのでその点はご注意を。  ※小説家になろう、ノベルアップ....
著者 : 土ノ子
小説家になろう

伯爵令嬢の苦悩

伯爵令嬢ライラの婚約者の趣味は婚約破棄だった。 婚約破棄してほしいと願う婚約者を宥めることが面倒になった。10回目の申し出のときに了承することにした。ただ二人の中で婚約破棄の認識の違いがあった・・・。....
著者 : 夕鈴
小説家になろう

不本意ながら妻は「離婚しましょうか」と告げる

 リスター侯爵夫妻は結婚十五年目。政略結婚故に割り切った関係であった。だが、とある事をきっかけに妻ミラは夫スティーヴンに心を寄せていく。一方スティーヴンは一切態度が変わらない。  ある日、ミラは友人から「妻が望むなら離婚をしたい」とスティーヴンが言っていたと聞く。その後スティーヴンと話し合う事に。煮....
著者 : 樫本 紗樹
小説家になろう

聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~

動物が大好きなのに、なぜか動物に怖がられる少女、カナタ。 どうしてもモフモフしたいカナタは、幼心に良いことを思いつく。 動物が駄目なら、魔物使いになって魔物と仲良くなればいい。 そうすれば思う存分モフモフさせてもらえる。 そう考えたカナタは、魔物使いになるために努力した。 いや、努力しすぎてしま....
著者 : 犬魔人
小説家になろう

驚愕の自宅ダンジョン。いきなりチート暗黒魔導士デバフ無双で貧乏兄妹のんびりバスター暮らし(仮

世界にダンジョンが発生して3年。自宅ダンジョンを見つけて暗黒魔導士になったので、デバフ魔法でゆるゆるお金を稼いでバスターします。ブラコン妹も一緒に探索者になろう! と思いますが何か? ※アルファポリスでは別タイトルで掲載中です。 ※改稿終了。動機付けとして自宅の借金を追加。妹の言葉遣いを調整。探索....
著者 : くろげブタ
小説家になろう

偽の賢者の英雄譚  ~亡き親友《とも》のため、【最強】は世界を欺き伝説となる~

 史上最強と謳われる若き勇者と、最弱ながら類稀なる智謀を持つ親友の賢者。  二人は共に魔王を討伐するもその帰路、勇者が魔族の残党に襲撃されて命を落としたとの報で国は騒然とした。  戻ってきたのは賢者ただ一人。  彼は魔族を手引きした罪で告発され、無実の罪で辺境送りに。  巧妙に仕組まれた勇者暗....
著者 : すみもりさい
小説家になろう

最強チートテイマーですが、冒険よりも異世界で『もふもふカフェ』を開店したいです。

神様を助けたお礼に、最強のテイマーとして異世界へ転移した太一。 しかしその職業はただのテイマーではなく、『もふもふに愛されし者』だった。【テイム】スキルを使い、可愛いもふもふたちを従魔にしていく。 そして目指すは、街の郊外でまったりのんびりできる猫――もとい『もふもふカフェ』の開店!....
著者 : ぷにちゃん
小説家になろう

成る程。では、お互い不干渉といきましょう。

「恋人が居るから婚約は破棄する」 婚約してから5年経ってようやく顔合わせをした私の婚約者様は、初顔合わせでそう宣った。2歳年下の第二王子殿下。御年13歳。私は「左様でございますか」という気分だが、国王陛下からお声がけ頂いた婚約。 「当然陛下もご存知ですよね? あと慰謝料払って下さいね」 そう言っ....
著者 : 夏月 海桜
小説家になろう

第七王子に生まれたけど、何すりゃいいの?

ごくまれに、幼少期のうちだけ前世の記憶を持っている子供がいる。 そして、通常それは同じ世界線でまれに起こる事柄だが、神の気まぐれか、非常に稀有なことではあるが、別の世界の記憶を持った魂が世界線を超えることがある。 そんな子供は一国の第七王子。 長男は王太子、次男は世界一の学園の教授、三男は外交のプ....
著者 : 籠の中のうさぎ
タイトルとURLをコピーしました