STRONG SOUL -2nd STAGE-

海堂達也は父親の影響を受けて、物の心ついた幼い頃からサッカーに情熱をかけていた

ポジションはフォワードで
そのプレイスタイルは超攻撃型のストライカーであった

しかし中学最後の大会の県予選において
決勝まで勝ち進んだものの最後の相手に惨敗を喫した

絶望の縁(ふち)で悩み苦しむ中
海堂はある決断をする

守ってかつ点を取る
ディフェンダーでありながら隙を見ては攻撃に参加する「リベロ」を海堂は目指すのであった

そして舞台はヨーロッパへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました