異世界転生軍師戦記 ~脳筋女将軍の知恵袋として乱世を生きる~

元日本人の転生者であるアルベルトは、異世界で有意義なセカンドライフを送ろうと、幼少より知識の集積場所とされた神殿で勉学に励み、末は官僚候補と言われる神官見習いまで昇進していた。
だが、そんな彼の噂を聞いた傭兵団が神殿を襲い、アルベルトの前に鮮血鬼と言われ周辺諸国から恐れられる『エルウィン傭兵団』の女頭領マリーダ・フォン・エルウィンが現れた。
そんな脳筋女戦士に情夫として攫われる形となったアルベルトは、神殿襲撃の実行犯として生まれ故郷を追われることとなり、夢に描いたセカンドライフ計画は大幅な修正を余儀なくされてしまう。
後に脳筋女将軍と呼ばれ大陸に名を覇することになるマリーダの知恵袋としてアルベルトの新たな異世界セカンドライフ計画が発動することとなった。
アルファポリス、ノベル+に重複投稿しております。

異世界転生軍師戦記 ~脳筋女将軍の知恵袋として乱世を生きる~のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました