十歳上の初恋の人に十年ぶりに再会したと思ったら同棲することになりました

著者:相田誠

朝倉 孝太は高校二年の十七歳。
高校受験を必死に乗り越えて、去年の四月から県で一番の進学校に通っている。
容姿も学業も運動神経も中の上ほどの孝太は、友達にも恵まれ順風満帆な高校生活を過ごしていた。
しかし、突如父親の転勤が決まってしまい、順調な学生生活は終わりを告げる。
家族と引っ越し転校するか、一人暮らしを始め今の学校に通うかを選択する権利を与えられた孝太は、
悩んだ末に今の高校に通うため一人暮らしをすると決意するが……?
*ジャンルを”ラブコメ”から”恋愛”に変更しました。最初も悩んだのですが、コメディ要素が少なめのためです、申し訳ありません。

十歳上の初恋の人に十年ぶりに再会したと思ったら同棲することになりましたのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました