【縮地】を極めて早三年〜Aランクパーティーから追放されて悔しいので秘境の山に隠居し、刀を使えるようにしたら最強になりました〜

タケルは縮地しか使うことしかできず、武器もろくに扱えない。縮地による高速移動で敵を撹乱し、小さなナイフで時間を掛けてモンスターを討伐するのがタケルのやり方だった。パーティーを組み始めた頃は皆で一致団結し、強力なモンスターも打ち倒していった。
しかし、ある日、パーティリーダーのロイに冒険者ギルドへ呼び出されたタケルは『早く動けるだけならパーティーにいらねぇ。』と言われ、追放されてしまう。
お前は何も貢献していないと言われたようで悔しくなったタケルは、秘境の地に三年間隠居し、縮地の強化と刀の扱いを学ぶことで気づいたら最強になっていた。
その後、タケルは三年ぶりに冒険ギルドへ戻り、最低ランクのFから第二の人生を始めるのだった。

【縮地】を極めて早三年〜Aランクパーティーから追放されて悔しいので秘境の山に隠居し、刀を使えるようにしたら最強になりました〜のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました