国外追放されたドラゴンテイマーが育てた竜は、実は最強の古龍種でした。

著者:Akaリンゴ

両親の死因を突き止めるため、彼らと同じドラゴンテイマーになったメイリンは城にて竜達の世話をしていた。我が子のように育てた竜がある程度育った時、「育て終わったお前をこれ以上ここに置いておく必要はない」と皇帝から命令されてしまう。精神が不安定な竜達から自分を取り上げたら危険なことを皇帝の命令を持ってきたマクニールに伝えるが、平民出身である私の声を聞きいれることはなかった。城を出た私の下にやって来たのは既に絶滅したと言われている古龍種の竜。私は彼と共に、生きていくことを決めた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました