だから俺は〇〇なんかじゃない!~高嶺の花をナンパから助けたら正体がばれました~

著者:角ウサギ

俺こと日裏静哉はモブな人間をめざして生活をしている。
どれくらいモブかって? 成績……は将来に関係するから頑張っているが、朝は誰の目にも止まらないような時間に登校を完了し背景と同化して本を読む!
クラスで会話する友達は一人! 言っちゃあ悪いが喋るやつはクラスのイケメンとかじゃなく、日常の一コマにいるようなただの凡人だ。……と、こんな感じに平凡な生活をしているわけだが……俺には秘密があって、モデルをしている。
その仕事帰りに、クラス一、いや学年一の美少女である江橋麗華がナンパされているところを助けてから俺のモブ生活が崩れかけている!
「何を読んでいるのですか?」「一緒に帰っていいでしょうか?」
まさかばれたのか? 学校では前髪で顔も隠れているしばれる要素なんてないはずなのに? 何故だ! このままではモブから美少女に声をかけられているウザいやつにクラスチェンジしてしまう!
「違います。人違いです」
これは割と抜けている勘違い少年が美少女からの追求をひたすら躱……しているつもりの物語。
この作品は小説家になろうにも掲載しています。…続きを読む

だから俺は〇〇なんかじゃない!~高嶺の花をナンパから助けたら正体がばれました~のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました