陰キャの俺が気づいたら学校の『高嶺の花』を落としてしまったようです。

著者:観鯨タル

それは、六月の上旬、梅雨の時期のことである。俺、『十坂《とさか》 天《そら》』は、普段学校での昼食時に立ち寄っている体育館裏に、アパートの鍵を落としたことに気づき、放課後、鍵を取りに体育館裏へと向かったのだが………
そこにいたのは一人の女の子を囲む二人の男たち。どうやら女の子に手をかけようとしているらしい、黙って見ているわけにも行かず、天は女の子の助けに入る。
俺の乱入により、殴りかかってくる男たち。だけど――。
――ごめんな、俺はちょっとばかし、『回避』が上手いんだよ。
これは、『陰を好む男(謎に強い)』と『高嶺の花(寂しがり屋)』が出会い、惹かれ合っていく物語。

コメント

タイトルとURLをコピーしました