特級探索師への覚醒~蜥蜴の尻尾切りに遭った青年は、地獄の王と成り無双する~

著者:笠鳴小雨

天城典二(テンジ)は両親の残した借金7000万を返すために、危険だが時給は高いダンジョンの”荷物持ちアルバイト”をしていた。
そんなある日。中規模攻略隊(レイド)の荷物持ちとして参加した御茶ノ水ダンジョン攻略で、ダンジョンが突然の構造変革を発生させ、彼らの安全な出口ルートを塞いでしまう。テンジは一緒に参加した34名の参加者とともに出口を探し始めるために進み始めた。
しかし、二週間も経つと食料も少なくなり参加者が死に始めていく。
誰もが疲弊していた戦闘中。ただの荷物持ちとして食料を消費していたテンジは、何者かに背中を押され凶悪なモンスターの前に置き去りにされてしまう。
「――ああ、僕にもっと力あれば」
死を意識したその時、テンジは未知の力 ”特級天職《獄獣召喚》” に目醒める。
地獄の王への道を歩み始める青年、天城典二の物語。…続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました