お店経営の小説一覧

小説家になろう

宮廷でただひとりの『スキルのお医者さん』、医療費削減で追放されてしまう。スキルを治せる者がいなくなり、一騎当千の将軍が雑魚に狩られるクソ雑魚に、女神と言われた聖女が貧乏神に…今更戻遅!

スキルフル帝国の宮廷スキル医師であるシュタイマン。 彼はスキル治癒の能力で帝国の暮らしを陰から支えていた。 しかしある日、『聖偉』と呼ばれる権力者たちからの不興を買ってしまい、 「我が国のスキルは完璧だ、よって治療など必要ない」 と帝国からの追放を言い渡されてしまう。 スキルというのはメンテ....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

『はずれスキル殺し』の宮廷スキル調律師(チューナー) 我が国のスキルは完璧になったから、お前はもう不要だと言われたので隠居する。「はずれスキル」だらけになったから戻ってきてくれと言われても今さら遅い。

「この世界に、『はずれスキル』など存在しない。なぜならば、このシュタイマンがいるからだ」 スキルフル帝国の宮廷スキル調律師(チューナー)であるシュタイマン。 彼は己の調律(チューニング)のスキルで帝国の暮らしを陰から支えていた。 しかしある日、『聖偉』と呼ばれる権力者たちからの不興を買ってしまい....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

宮廷の『スキル調律師(チューナー)』 我が国のスキルに調律は必要ないとお払い箱になったので、早期リタイアして旧友のいるエルフの里で暮らす。後になってスキルが暴走したので戻ってきてと言われても困るのだが

「この世界に、『はずれスキル』など存在しない。なぜならば、このシュタイマンがいるからだ」 スキルフル帝国の宮廷スキル調律師(チューナー)であるシュタイマン。 彼は己の調律(チューニング)のスキルで帝国の暮らしを陰から支えていた。 しかしある日、『聖偉』と呼ばれる権力者たちからの不興を買ってしまい....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

ジャンプしか能がない荷物持ちの男、役立たずだと一族を追放された途端に覚醒する。山をもひとっ飛びのジャンプ力と、神竜をも一撃の踏みつけ攻撃で最強を目指す。

神狩りの一族に生まれたスカイは、幼い頃に『ジャンプ』のスキルを与えられる。 しかし『ジャンプ』は人よりちょっと高く飛べるくらいで役に立たず、スカイは爵位を奪われ追放されてしまう。 果ては兄弟たちから神竜の生贄として崖に突き落とされて絶体絶命、しかしそこで『ジャンプ』のスキルが覚醒する。 それは星を....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

追放したのに、いまさら爵位をもらっても… ただ高く飛べるだけだったので神狩り一族から追放、しょうがないのでジャンプしていたら、いつのまにか追放されたはずの一族をどんどん昇進していました

神狩りの一族に生まれたスカイは、幼い頃に『ジャンプ』のスキルを与えられる。 しかし『ジャンプ』は人よりちょっと高く飛べるくらいで役に立たず、スカイは爵位を奪われ追放されてしまう。 果ては兄弟たちから神竜の生贄として崖に突き落とされて絶体絶命、しかしそこで『ジャンプ』のスキルが覚醒する。 それは星を....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

竜騎士になれなかった男、追放されて『大天空ジャンプ』に覚醒する。大空からの一撃は、神竜をも即死させる神スキルでした

神狩りの一族に生まれたスカイは、幼い頃に『ジャンプ』のスキルを与えられる。 しかし『ジャンプ』は人よりちょっと高く飛べるくらいで役に立たず、スカイは爵位を奪われ追放されてしまう。 果ては兄弟たちから神竜の生贄として崖に突き落とされて絶体絶命、しかしそこで『ジャンプ』のスキルが覚醒する。 それは星を....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

極めたヒールがすべてを癒す!~村で無用になった僕は、 拾ったゴミを激レアアイテムに修繕して成り上がる!~【書籍化決定!】

孤児だったラースは子供の時に大怪我をした。 死を人一倍怖がるようなった代わりに、命を救ってくれたヒールの修行に励んだ。 治すべき人や家畜がいなくなっても、木や岩を相手にヒールを練習した。 しかし天職が【無職】だったラースは、どれだけ練習しても最下級ヒールしか使えず、そのヒールすら対象に触っていない....
著者 : 藤七郎は疲労困憊
小説家になろう

神狩りの一族を追放されたけど、はずれスキル『ジャンプ』が覚醒。跳躍力を生かして『運び屋』を始めました

神狩りの一族に生まれたスカイは、幼い頃に『ジャンプ』のスキルを与えられる。 しかし『ジャンプ』は人よりちょっと高く飛べるくらいで役に立たず、スカイは爵位を奪われ追放されてしまう。 果ては兄弟たちから神竜の生贄として崖に突き落とされて絶体絶命、しかしそこで『ジャンプ』のスキルが覚醒する。 それは星を....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

僕は全てに【ヒール】する~村を追放された青年は、拾ったゴミを激レアアイテムに修繕して成り上がる!~

孤児だったラースは子供の時に大怪我をした。 死を人一倍怖がるようなった代わりに、命を救ってくれたヒールの修行に励んだ。 治すべき人や家畜がいなくなっても、木や岩を相手にヒールを練習した。 しかし天職が【無職】だったラースは、どれだけ練習しても最下級ヒールしか使えず、そのヒールすら対象に触っていない....
著者 : 藤七郎は疲労困憊
タイトルとURLをコピーしました