ご奉仕の小説一覧

小説家になろう

玩具として弄ばれて追放されたので、俺が持っている真のスキル【吸血鬼】で復讐しつつ欲望には忠実にえちえち眷属ハーレムを作るよ。許してくれと言われても、もう遅いんだよ。

セバス・アルフレッドは8人の勇者たちからストレス解消のサンドバッグとして弄ばれ続け、ある日「もうお前はいいや」と捨てられてしまうことになった。 度重なる拷問とも言える仕打ちに我慢の限界を迎えていたセバスは、勇者たちが去って行くと同時に隠していた己の真のスキル【吸血鬼】の効果の一つである”経験値を吸....
著者 : 陸奥こはる
小説家になろう

玩具として弄ばれて追放されたので、俺が持っている真のスキル【吸血鬼】で復讐しつつ欲望には忠実にえちえち眷属ハーレムを作るよ。

セバス・アルフレッドは8人の勇者たちからストレス解消のサンドバッグとして弄ばれ続け、ある日「もうお前はいいや」と捨てられてしまうことになった。 度重なる拷問とも言える仕打ちに我慢の限界を迎えていたセバスは、勇者たちが去って行くと同時に隠していた己の真のスキル【吸血鬼】の効果の一つである”経験値を吸....
著者 : 陸奥こはる
小説家になろう

「許してくれ」と言えば助けて貰えると思ったのか? これは俺を玩具として弄び追放したお前らへの復讐である。無慈悲なる蹂躙なのだ。

セバス・アルフレッドは8人の勇者たちからストレス解消のサンドバッグとして弄ばれ続け、ある日「もうお前はいいや」と捨てられてしまうことになった。 度重なる拷問とも言える仕打ちに我慢の限界を迎えていたセバスは、勇者たちが去って行くと同時に隠していた己の真のスキル【吸血鬼】の効果の一つである”経験値を吸....
著者 : 陸奥こはる
タイトルとURLをコピーしました