ギルド運営の小説一覧

小説家になろう

宮廷でただひとりの『スキルのお医者さん』、医療費削減で追放されてしまう。スキルを治せる者がいなくなり、一騎当千の将軍が雑魚に狩られるクソ雑魚に、女神と言われた聖女が貧乏神に…今更戻遅!

スキルフル帝国の宮廷スキル医師であるシュタイマン。 彼はスキル治癒の能力で帝国の暮らしを陰から支えていた。 しかしある日、『聖偉』と呼ばれる権力者たちからの不興を買ってしまい、 「我が国のスキルは完璧だ、よって治療など必要ない」 と帝国からの追放を言い渡されてしまう。 スキルというのはメンテ....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

『はずれスキル殺し』の宮廷スキル調律師(チューナー) 我が国のスキルは完璧になったから、お前はもう不要だと言われたので隠居する。「はずれスキル」だらけになったから戻ってきてくれと言われても今さら遅い。

「この世界に、『はずれスキル』など存在しない。なぜならば、このシュタイマンがいるからだ」 スキルフル帝国の宮廷スキル調律師(チューナー)であるシュタイマン。 彼は己の調律(チューニング)のスキルで帝国の暮らしを陰から支えていた。 しかしある日、『聖偉』と呼ばれる権力者たちからの不興を買ってしまい....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

宮廷の『スキル調律師(チューナー)』 我が国のスキルに調律は必要ないとお払い箱になったので、早期リタイアして旧友のいるエルフの里で暮らす。後になってスキルが暴走したので戻ってきてと言われても困るのだが

「この世界に、『はずれスキル』など存在しない。なぜならば、このシュタイマンがいるからだ」 スキルフル帝国の宮廷スキル調律師(チューナー)であるシュタイマン。 彼は己の調律(チューニング)のスキルで帝国の暮らしを陰から支えていた。 しかしある日、『聖偉』と呼ばれる権力者たちからの不興を買ってしまい....
著者 : 佐藤謙羊
タイトルとURLをコピーしました