クビの小説一覧

小説家になろう

【1章完結】見掛け倒しのガチムチコミュ障門番リストラされて冒険者になる 〜15年間突っ立っているだけの間ヒマだったので魔力操作していたら魔力9999に。スタンピードで騎士団壊滅状態らしいけど大丈夫?〜

 2メートル20センチ、150キロの恵まれた体格を見込まれ、農村育ちのロイルは15歳のとき騎士団にスカウトされる。  しかし、武器も盾も呪われてるレベルで才能がないことが発覚。  見掛け倒しでも突っ立てるくらいはできるだろうと、門番に命じられた。  そして、15年目。務めた門番を突然クビになった。....
著者 : まさキチ
小説家になろう

見掛け倒しのガチムチコミュ障門番リストラされる 〜15年間突っ立っているだけの間、ヒマだったので魔力操作していたら魔力9999に。大量モンスター襲撃で街が壊滅状態らしいが、俺は知らん〜

 ロイルは15年務めた門番を突然クビになる。 門番として突っ立っている間、ロイルは雨の日も風の日も魔力操作を続けたおかげで魔力9999に。  2メートル20センチ、150キロの恵まれた体格ながら、武器も盾も呪われてるレベルで才能がなく、見掛け倒しと蔑まれたロイル。  門番生活で得た膨大な魔力とコミ....
著者 : まさキチ
小説家になろう

不当解雇された女魔術師、仲間達とギルドを創設する ~経営がまずいから戻ってきてくれと頼まれてももう遅い。私は仲間と一緒に楽しく過ごしていますので~

Sランクギルドを不当に解雇されたSランク魔術師の女主人公が、仲間達と新しくギルドを立ち上げて楽しく成功していく。 彼女を不当に解雇したギルドは崩壊し、そこのマスターは破滅する。 ※他サイトでも掲載....
著者 : 絢乃
小説家になろう

俺、追放! ~このパーティーに俺は相応しくないと何度言ったら分かるんだ! 俺はクビだ!~

「俺はクビだ!」 自分で自分を追放するつもりだったのに、仲間は必死に引き留めてくれる。 まったく分からん連中だ、 俺はこのパーティーに相応しくないと何度言ったら……....
著者 : レフトハンザ
小説家になろう

【短編】スキル作成でたくさんのスキルを作って与えていたのに、クビにしてからそのありがたみを知っても、もう遅い。

 フィラカイトはスキルを作ることができるスキルを所有しているが、スキルをセットできるスキルスロットの空きがないため、スキルを作っても自分で使いうことができなかった。だから、クラン員にスキルを与え、レベルを上げてやることでクランに貢献していたのだが、ある日、フィラカイトは所属するクランのリーダーに呼び....
著者 : なんじゃもんじゃ
タイトルとURLをコピーしました