入れ替わりの小説一覧

小説家になろう

入れ替わった相手は、大嫌いな婚約者

朝目覚めると、エルドレット第一王子の身体は動かなくなっていた。原因不明の病気により意識はあるのに周りの人間にそれを伝えることが出来ず、ただ死を待つばかりだった彼は、見舞いに訪れた大嫌いな婚約者──ライラ・ドナフィー侯爵令嬢と魂が入れ替わってしまう。(一体これは何なんだ! 俺はどうしてしまったんだ!)....
著者 : 小松るみや
小説家になろう

今更元には戻せません

継母からは本来ならばその座は娘のものだったと言われ、婚約者はことあるごとに異母妹を引き合いに出して愛想がないことに文句を言われ、肝心の異母妹からはそんな姿を憐れまれる日々。 父親もそんな継母に注意せず、むしろ次期当主ならそれくらいの問題は自分で対処しなさいなんていう始末だった。 望んでもないのに次期....
著者 : しきみ彰
小説家になろう

入れ替われと言ったのはあなたです!

側妃の子として産まれた主人公は王女として表に出ることなく育った。14歳で母を亡くし、その後は王妃の侍女として仕えるように命じられる。逃げ出そうにも同母の弟は王太子として王妃の手中にあり、断ることも出来ない。父王にも見放され、王妃の憎しみをぶつけられる日々を送っていた。 そんな中、父王は無謀にも帝国に....
著者 : 灰銀猫
小説家になろう

お国のためなら顔を変えてでも

公爵令嬢を追い落として王子を我が物にしたシャーロット。王子との旅行中、彼女は薬を盛られてしまう。動けない彼女を襲ったのは、自分と同じ顔をした女だった……....
著者 : 九四山井耐排夢
小説家になろう

愛さないと言われたけれど/言ったけれども

大学受験を控えた立花真里は、志望校を巡る親子ゲンカの果てに階段から足を滑らせて異世界に落ちてしまう。 入れ替わった体の元の持ち主であるアマーリエは、義妹の身代わりとして望まぬ結婚を強要されていた。そのうえ初対面の夫ジークハルトからは「君を愛さない」と釘を刺されるが――そんな言葉を黙って聞く義理など、....
著者 : 小鳩子鈴
小説家になろう

私に成り代わって嫁ごうとした妹ですが、即行で婚約者にバレました

ずっと腹違いの妹の方を優遇されて、生きてきた公爵令嬢セシリア。 正直不満はあるものの、もうすぐ結婚して家を出るということもあり、耐えていた。 でも、ある日…… 「お前の人生を妹に譲ってくれないか?」 と、両親に言われて? 当然セシリアは反発するが、無理やり体を押さえつけられ────妹と中身を入....
著者 : あーもんど
小説家になろう

入れ替わりの花嫁はお家に帰りたい

予期しない魔法の影響で魂が入れ替わってしまった、見習い修道女リリーと侯爵令嬢コーネリア。 意識を失っているうちに、リリーはコーネリアとして嫁ぎ先の辺境伯のもとへ、コーネリアはリリーとして修道院へとそれぞれ運ばれていた。 しかも、王命での政略結婚相手である辺境伯ディランからは政敵のスパイと疑われ、塔に....
著者 : 小鳩子鈴
小説家になろう

未来の王妃が女王になるころ。

「ミカ、アンネのことは頼んだよ」 そう言い残してエラト王国国王が崩御し、二年。王位は定まらず、百人以上いた王位継承権者がたったの三人になったころ、アンネリーゼの婚約者だったミカの名前はそこになかった。 三公会議によって次の国王を選出することになり、王妃になるアンネリーゼも出席して会議は始まったが、そ....
著者 : ルーシャオ
小説家になろう

【完結】婚約を白紙にと、言われた直後に一緒に階段から落ち婚約者と入れ替わってしまいました

兄弟である祖父同士が婚約を決めた、カートフォード公爵家のフィンリーとローレンス公爵家のエレノア。 同い年の二人は幼い頃は仲が良かったのに王立学園に入った頃からすれ違い、 話もせず目も合わせないという状態だった。 ある日、学園の大階段でフィンリーがエレノアに「婚約を白紙にしたい」と伝える。 その直後、....
著者 : 青波鳩子
小説家になろう

【完結】その花の名前は

公爵令嬢デルフィーナはロルダン王太子殿下の婚約者だが、ロルダンには他に大切にしている令嬢がいる。 このまま信頼関係の無い『結婚』に進めば、生涯搾取され続ける人生になるとデルフィーナは危惧する。 デルフィーナはお妃教育を終えると選べる、この婚約を無かったものにする『王妃の秘薬』を所望することにした。 ....
著者 : 青波鳩子