後悔の小説一覧

小説家になろう

国家滅亡のお知らせとその周辺

女神様の愛し子を冷遇してざまぁされちゃった王子とか王様のお話。 よくある展開は匂わせのみなので脳内補完お願いします。....
著者 : 夜行列車【コミカライズ連載中】
小説家になろう

【完結】愛されなかった私が幸せになるまで 〜旦那様には大切な幼馴染がいる〜

2年前に婚約し、婚姻式を終えた夜。 フィファナはドキドキと逸る鼓動を落ち着かせるため、夫婦の寝室で夫を待っていた。 湯上りで温まった体が夜の冷たい空気に冷えて来た頃やってきた夫、ヨードはベッドにぽつりと所在なさげに座り、待っていたフィファナを嫌悪感の籠った瞳で一瞥し呆れたように「まだ起きていたのか....
著者 : 高瀬船
小説家になろう

【書籍化進行中】これで満足しましたか?〜騙された聖女は好きな人も仲間も全部捨てたのに王子が追ってくる〜

※電子書籍化が決定しました。 「これで満足しましたか?」 感情の無い笑顔で彼女は私たちにそう言った。 異世界転移させられた聖女は帰還を餌に魔王討伐の旅へ向かい、苦労の末仲間と共に念願を果たしたが結局「ごめん帰還術は無い」と言われ、国も仲間も想い人も全て捨てた。 ー召喚された聖女は慈悲深く、当....
著者 : せろり
小説家になろう

貴方の望み通りに・・・

どんなに貴方を望んでも どんなに貴方を見つめても どんなに貴方を思っても だから、 もう貴方を望まない もう貴方を見つめない もう貴方のことは忘れる さようなら 他サイトにも投稿しています。 ....
著者 : kana
小説家になろう

野垂れ死ねと言われ家を追い出されましたが幸せです

伯爵令嬢のフローラは10歳の時に母を亡くした。 悲しむ間もなく父親が連れてきたのは後妻と義姉のエリザベスだった。 その日から虐げられ続けていたフローラは12歳で父親から野垂れ死ねと言われ邸から追い出されてしまう。 さらに死亡届まで出されて⋯⋯ 邸を追い出されたフローラには会ったこともない母方の叔父....
著者 : kana
小説家になろう

沈黙

無事に就活を終えた俺は、学生時代最後の夏休みを迎えた。バイトの休みを利用して北海道を周遊し、帰宅した俺に待っていた大事件。 自分の弱さと、狡さと、欺瞞に否応なく向き合わされていく中で、俺の出した答えは保身と嘘と偽善だった。 取り返しのつかない行いの結果を抱えて、嘘を重ね、そしてただ沈黙する。 いく....
著者 : 鈴音さや
小説家になろう

【完結】勇者のハーレム要員など辞退します

ある日突然、神託で勇者に選ばれた大好きな幼馴染。 物心ついた頃から一緒にいた。姉弟のような私たち。 時が過ぎて、親愛からいつしか恋心に変わり、それはやがて愛に変わった。 「愛してるよ、ミーシャ。魔王を倒して世界が平和になったら、結婚しよう」 「うん」 今までもこれからも、彼の隣にいるのは....
著者 : ハナミズキ
小説家になろう

完全無欠の公爵令嬢、全てを捨てて自由に生きます!〜……のはずだったのに、なぜだか第二王子が追いかけてくるんですけどっ!!〜

「愛しているよ、エルシー…。たとえ正式な夫婦になれなくても、僕の心は君だけのものだ」「ああ、アンドリュー様…」  王宮で行われていた晩餐会の真っ最中、公爵令嬢のメレディアは衝撃的な光景を目にする。婚約者であるアンドリュー王太子と男爵令嬢エルシーがひしと抱き合い、愛を語り合っていたのだ。心がポキリと折....
著者 : 鳴宮野々花
小説家になろう

では、なぜ貴方も生きているのですか?

父から呼び出された。 ああ、いや。父、と呼ぶと憎しみの籠る眼差しで、「彼女の命を奪ったお前に父などと呼ばれる謂われは無い。穢らわしい」と言われるので、わたしは彼のことを『侯爵様』と呼ぶべき相手か。 「……貴様の婚約が決まった。彼女の命を奪ったお前が幸せになることなど絶対に赦されることではないが、....
著者 : 月白ヤトヒコ
小説家になろう

転校先で出会ったクラスの美少女たちが、全員使用済みだった件~なあ、「槍坂くん被害者の会」って、知ってるか?~

この学校に転校して、3ヶ月が経った。 某県の地方都市に位置する、ごくごく一般的な公立高校。 にもかかわらず、偶然にもクラスに揃っているのは、類まれなる美少女たち。 そんな事実に、俺は胸を躍らせていたのに…… ※カクヨムにも投稿....
著者 : めりのおうち