手遅れの小説一覧

小説家になろう

魔法学園の最底辺、魔力が最弱になった俺は幼馴染パーティーから冗談で追放を言い渡された。 幼馴染たちとの約束を破棄した俺は、何故か魔力が戻ってきた。もう二度と幼馴染と関わらない。

魔力が全ての世界。俺は魔力を持て余すほどの高魔力保持者であった。誰もが俺の事を天才と呼んだ。 だが月日は残酷だ。年を重ねる毎に俺は弱くなり、今では子供よりも魔力が低かった。 大好きな幼馴染達と組んだパーティー。 俺はお荷物だった。それでも俺は精一杯がんばった。だけど……。 冗談半分でパーティーから....
著者 : うさこ
小説家になろう

悪役令嬢シルベチカの献身

 この物語は、気が付かなかった王太子と、ただひたすらに献身を捧げた公爵令嬢の物語。  王太子、ユリウス・アラウンド・ランフォールドは1年前、下級貴族の子爵令嬢に非道な行いをしたとして、悪役令嬢シルベチカ・ミオソティス・マスティアートに婚約破棄を言い渡し、国外追放の刑を受けた彼女を見送った。 ....
著者 : salt
小説家になろう

好きだった幼馴染がいなくなったことに絶望して、ただ泣きじゃくり続ける女の子のお話

好きだった幼馴染がもういないことに絶望して、ただ後悔し続ける女の子のおはなし ※本作は僕をいじめていた幼馴染が取り返しがつかなくなり絶望して、ただ泣きじゃくるだけのお話の幼馴染視点後日談です....
著者 : 龍の鱗
小説家になろう

僕をいじめていた幼馴染が取り返しがつかなくなり絶望して、ただ泣きじゃくるだけのお話

僕をいじめていた幼馴染がもう取り返しがつかなくなった後で、ただすがり付きながら泣きじゃくるだけのおはなし....
著者 : 龍の鱗
タイトルとURLをコピーしました