暗殺者の小説一覧

ノベルアップ

原点の書と崩壊までの序曲 〜大幅改訂版!〜

──俺は、結局・・・・・・何をしたかったんだ・・・・・・? レイン・クロフォード。『何事もマイペースに。億劫な事は適当に』が座右の銘である彼はある日、鉄道を降りて仕事を済ませた帰りに、ローブ姿の少女に爆殺されかける。すぐにその場から逃げたが、追手が徐々に彼を追い詰めていく。逃げ切れないと判断し....
小説家になろう

悪役の王女に転生したけど、隠しキャラが隠れてない。

後宮で虐待されていたリュシエンヌは頭を打った衝撃で前世を思い出す。……嘘でしょ?! リュシエンヌ=ラ・ヴェリエといえば、好きだった乙女ゲームの悪役王女の名前である。でも待って、今、わたしって何歳? リュシエンヌの人生初っ端からハードモード過ぎない? 王族なのに虐げられ続けた幼い王女(意外と気にしてな....
著者 : 早瀬黒絵
小説家になろう

暗部所属の新人工作員です。初任務として皇帝陛下の偽妃を演じていたら溺愛されてしまいました。……これっておかしくないですか?

 十年にも及ぶ厳しい訓練を乗り越え、晴れてアデライト帝国の暗部所属となったレイシー・キャンベルだったが、育て親にして暗部を統括するベルナール・モフスから言い渡された初任務はまさかの『皇帝陛下の偽妃』というとんでもないものだった。  傾きかけた帝国を血の粛清によって建て直し、国内外から『冷酷無慈悲の....
著者 : たけのこ
カクヨム

王立魔法学園の最下生 ~ 貧困街(スラム)上がりの最強魔法師、貴族だらけの学園で無双する ~

 貴族に生まれた人間しか魔法を使うことのできない世界。  庶民でありながら、優れた魔法の才能を持ったアルスは『呪われた血』と呼ばれて、虐げられた生活を余儀なくされていた。    幼くして実家を追放されて、魔法師として鍛練を重ねること十年。 15才になったアルスは、『公認魔法師』の資格を取得すべく、学....
著者 : 柑橘ゆすら
カクヨム

倒すのが一瞬すぎて誰も見えなかった『絶対即死』スキルを持った暗殺者。護衛していた王子から何もしない無能と追放されてしまう~今更戻ってこいと言われても美少女だらけの勇者パーティーが俺を手放さないんで~

「何もしない無能暗殺者は必要ない!お前はクビだ! シン・ヒョウガ」 それはある日突然、皇子の護衛としてパーティーに加わっていた暗殺者——シンに突き付けられた追放宣告。  実際のところ、何もしていなかったのではなく、S級の危険モンスターを一瞬で倒し、皇子の身を守っていたのだが、冗談だと笑われ聞き入れ....
著者 : つくも
小説家になろう

襲ってきた暗殺者が可愛かったのでメイドとして雇うことにしました

幼い頃から暗殺者として生きてきた少女は、いつも通りに依頼を受ける。 今回の相手は、五大貴族の嫡男であるブラム・ストローク。彼は次期皇帝候補の一人でもあった。 相手が誰であろうと関係なく、ただいつも通りに依頼をこなす。屋敷へ忍び込み、隙だだらけのブラムの首を切り落とした彼女だが…… 何で生きてるんだ....
著者 : 日之影ソラ◆二作書籍化予定
小説家になろう

外れスキル「影が薄い」を持つギルド職員が、実は伝説の暗殺者

【一部完結済み】【書籍版1~4巻カドカワBOOKS様より好評発売中!】 【漫画版1巻も好評発売中!】 【コミカライズ連載はComicWalker様などでご覧いただけます】 伝説級の強さを持つ暗殺者ロランは、単独で史上最強の魔王を倒す。 それを機に暗殺者をやめて、ずっと憧れだった普通の生活を送る....
著者 : ケンノジ
カクヨム

異世界貴族の暗躍無双~生まれ変わった史上最強の暗殺者、スローライフを諦める~

伝説の暗殺者は気が付くと、赤ん坊の姿になっていた。 今度は平穏に生きたい! 出来れば老衰で死にたい! こんな願いを抱くも身体は強くなりすぎた。 実力を隠して生活していても、あざ笑うかのように騒動が舞い込む。 帝都中の異性を虜にした令嬢(猫かぶり)に懐かれ、姫にも目を付けられる。 ――――こうしてはじ....
著者 : 俺2号/結城 涼
小説家になろう

暗殺貴族の失敗作~追放された最強の暗殺者は、第二の人生を無双する~

 暗殺貴族レグルス家の長男に生まれたルイン。  幼少期から世界最高の英才教育を叩き込まれた彼は、レグルス家の秘術・優れた魔法技能・超人的な身体能力・幅広い知識を獲得し、わずか十歳にして『世界最強の暗殺者』となった。  そんなルインの信念は、法で裁けない悪を抹殺すること。しかしあるとき、その信念に反す....
著者 : 月島 秀一
カクヨム

王子様にフラれたクソデブ令嬢の、ドキドキ(物理)!!暗殺術ダイエット💔~痩せて見違えて学院に行きます!!

太っていることが原因で第二王子に婚約破棄された公爵令嬢アイリス。もうお役御免、王の妻に成る道を失った彼女は、父親と母親によって別館に幽閉されて一生を終える―――はずだった。しかしその運命は、アイリスを殺すために暗殺者が送られてきたことで変わる。狭い別館の個室、逃げ場のないそこで暗殺者にナイフを突きつ....
著者 : 陽日
タイトルとURLをコピーしました