江戸時代の小説一覧

ノベルアップ

月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

 江戸時代の初期辺り。場所は大江戸の浅草浅草寺・・そこから、物語は始まる。  古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。  次々に現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)....
ノベルアップ

兄、探幽という人は。 ― 柳は緑、花は紅 ―

徳川将軍家の御用絵師として多忙な日々を過ごしている狩野守信。 ある日、江戸城からの帰り道で少女に財布を盗まれそうになる。 捕まえた少女を自分の屋敷へと連れ帰った守信。 守信の妹・蓮は少女を実の妹のように可愛がる。 しかし、蓮に連れられて町に出た少女は行方を晦ませてしまった。 悪人の手に落ち....
カクヨム

科学チートで江戸大改革! 俺は田沼意次のブレーンで現代と江戸を行ったり来たり

天明六年(1786年)五月一五日―― 失脚の瀬戸際にあった田沼意次が祈祷を行った。 その願いが「大元帥明王」に届く。 結果、21世紀の現代に住む俺は江戸時代に召喚された。 俺は、江戸時代と現代を自由に行き来できるスキルをもらった。 その力で田沼意次の政治を助けるのが俺の役目となった。 しかも、それで....
著者 : 中七七三/垢のついた夜食
小説家になろう

粛清一直線のイケメンに転生しました

合同企業説明会の帰り、駅の階段を踏み外して昇天した就活中の某Fラン大学史学科4年生♂ 突然の激痛で我に返ると、どうやら徳川家二代将軍秀忠の息子・国松に転生していたらしく……。 え、国松って、兄の家光に粛清される駿河大納言忠長のことだろ? バッドエンドまっしぐらなレール上の少年(中の人は22才)は、生....
著者 : 岩槻はるか
小説家になろう

徳川の料理人~幕末江戸へ飛んだ天才シェフ

イタリアで行われた料理コンテストで優勝した鳴海。だが喜びも束の間、料理人である井上にナイフで襲われる。そして、次に目が覚めた場所は幕末の江戸だった。 どうやらタイムスリップしたらしい。地位や名声、お金などなにもかも失った鳴海。鳴海は自分を救ってくれた青木家の面々と共に生活をしていく。 そして幕府....
著者 : 七月八日
アルファポリス

小径

うらみつらみに横恋慕 江戸を染めるは吉原大火―― 筆職人の与四郎と妻のお沙。 互いに想い合い、こんなにも近くにいるのに届かぬ心。 ふたりの選んだ運命は‥‥ 江戸を舞台に吉原を巻き込んでのドタバタ珍道中!(違....
著者 : 砂詠 創
タイトルとURLをコピーしました