現実世界の小説一覧

小説家になろう

後天的貞操逆転世界の異端者〜ある日突然貞操観念が完全に逆転してしまった現代日本でなぜか元のままだった俺、ギラギラした美少女達からロックオンされてしまう〜

ある日全世界で男女の貞操観念が逆転する超常現象が発生した。それにより女性の性欲が凄まじく強くなり男性の性欲はめちゃくちゃ弱くなったわけだが、主人公である沢城潤は何故か貞操逆転していない。 そのため今までと何も変わっていない潤だったがそれを知られると面倒ごとに巻き込まれる可能性が高いと判断して隠して....
著者 : 水島紗鳥
小説家になろう

どうやら今どきギャルな幼馴染の姉は何でも完璧にできる双子の兄の劣化版と呼ばれている俺の事を病的に愛しているヤンデレらしい

主人公である九条結人には何でも完璧にできる双子の兄である九条綾人がいる。何をやっても一歩及ばない結人はいつしか綾人の劣化版などと呼ばれるようになっていた。 そのため初恋の相手である幼馴染の結城凉乃が自分ではなく兄の綾人を好きになってしまった事も仕方がない事とさえ考えている。 だから結人は凉乃の姉....
著者 : 水島紗鳥
小説家になろう

ツンデレ幼馴染から偽装彼氏になれと命令されたので仕方なく彼氏のふりをしていたが、実は全部策略で気付いたら完全に逃げ道が無くなっていた話

主人公である霧島才人には疎遠になってしまった幼馴染である八雲真里奈がいた。思春期に疎遠になって以降まともに会話すらなかった才人と真里奈。 ある日、才人は大切な話があるという理由で誰かから屋上に呼ばれたわけだがそこには真里奈の姿があった。真里奈は才人の姿を見るなり男避けの偽装彼氏になるよう命令をして....
著者 : 水島紗鳥
小説家になろう

学校一の美少女と無人島に漂着したので頑張ってみる

一ノ瀬雅人は、ありふれた高校二年生。 ある夏の日、雅人や彼の通う学校の生徒・教師が海難事故に遭遇。 船から投げ出された雅人は、謎の無人島に漂着する。 そこには学校一の美少女・二階堂伊織の姿もあった。 奇跡的にも無事だった雅人たちは島の探索を開始。 そして、漂着した島がとんでもない場所だと突き止め....
著者 : 絢乃
小説家になろう

自宅を要塞化DIY ~ゾンビパニックまで残り一ヶ月~

一ヶ月後の世界でゾンビパニックが発生していることを事前に知った 桜坂 陣(さくらざか じん) は姉の 桜坂 八重(やえ)と終末世界を生き延びるために自宅を要塞化することを決意する。 猶予は一ヶ月。それまでにライフラインの確保、日常品、食料品、医薬品の購入と保管。 やることが山積みの中、陣はある人に助....
著者 : 昼熊
小説家になろう

聖者の帰還(異世界から帰ったら日本がゾンビパニックだったんですけど!?)

なんの前触れもなく異世界にとばされたブラック企業の社畜【安田誠次郎】 運よく授かった地母神の恩寵で司祭【セイ】として生活基盤を築いたものの、大司祭への昇格を前に日本へ帰還させられることに! こうなったら司祭として習得した奇跡やスキルを使い、 奇跡の治癒師やカリスマ教祖として日本で成り上がってやろうと....
著者 : モリーマ
小説家になろう

成り上がり英雄の無人島奇譚 ~スキルアップと万能アプリで美少女たちと快適サバイバル~

【知恵と勇気で切り開く無人島サバイバルファンタジー、開幕!】 ある日、とある高校の生徒と教師が集団転移した。 転移先は――未知の生物が棲息する謎の無人島。 転移者の一人、主人公の風斗は砂浜で目を覚ます。 現状を打破するべく森に入った彼は、同級生の麻衣と出会う。 そして、スマホに超常的な力を持つ謎....
著者 : 絢乃
小説家になろう

田んぼで拾った女騎士、田舎で俺の嫁だと思われている

田舎で農業を営んでいる三田賢治は、田んぼで女騎士が倒れているのを発見する。セラフィムと名乗る女騎士から話を聞いてみると、どうやら異世界からやってきたらしい。現代日本に放り出されたセラフィムには当然行く当てもなく、賢治は住み込みで農業を手伝ってもらうことを対価に住まわせることに。この世界の常識がまった....
著者 : 錬金王
小説家になろう

平穏に生きたい【ステータスオール1】のダンジョン探索者は今日も今日とて世界を救う。

ある日、俺のステータスが『1』になった。 おかげで急激に筋力が落ちて指一本動かせず、呼吸もままならない。 すぐさま病院に緊急搬送され、医者に「余命1日」と告げられた。 病院のベッドの脇で泣く、たった一人の家族の妹を残して俺の心臓が止まろうとしたとき、目の前にこんなメッセージが現れた。 ——————....
著者 : 鍋敷
小説家になろう

平穏に生きたい【ステータスオール1】は今日も今日とて世界を救う。

ある日、俺のステータスが『1』になった。 おかげで急激に筋力が落ちて指一本動かせず、呼吸もままならない。 すぐさま病院に緊急搬送され、医者に「余命1日」と告げられた。 病院のベッドの脇で泣く、たった一人の家族の妹を残して俺の心臓が止まろうとしたとき、目の前にこんなメッセージが現れた。 ——————....
著者 : 鍋敷