男主人公/一人称の小説一覧

小説家になろう

【書籍化】憧れの美人生徒会長にお喋りインコが勝手に告白したけど、会長の気持ちもインコが暴露しやがった

俺が憧れている生徒会長の茸村(たけむら)先輩は、容姿端麗、成績優秀、そのうえカリスマ性もあり男女問わず熱烈な支持を受けているという、まさに高嶺の花。 茸村先輩と付き合いたいという思いが日に日に強くなっていく俺だが、俺みたいな凡人では先輩とは釣り合わないと、半ば諦めかけていた。 そんなある日、愛鳥であ....
著者 : まさたけ
小説家になろう

クラスメイトの氷の女王が、猫耳メイド喫茶でバイトしている現場に遭遇してしまった!?

「なあなあ、これからみんなでカラオケでも行こーぜ」 「「「いいねー!」」」  とある放課後。  今日も陽キャの坪井が、同じく陽キャの連中をカラオケに誘っている。  まったく、なんで陽キャはこんなにカラオケが好きなのだろうか? 「ねえ、音霧さんも一緒に行こーよ」  ――!  坪井が音霧さんのこと....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

占いの館で片想いしている女の子の相談をした翌日から、好きな子の様子がおかしいんだが?

「でね、その従姉妹の家で飼ってる猫ちゃんが、凄く警戒心が強くてなかなか私に懐いてくれないんだけど、おやつをあげた時だけはすぐ近寄って来て、夢中で食べてくれるのが、超可愛いの!」 「……そうか」  とある放課後の教室。  そこで俺はいつものように、隣の席の朝比奈と二人で、世間話に興じていた。  ……....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

映画館で偶然隣の席になった二十代中盤くらいの同年代の美女と仲良くなり、そろそろ告白しようと思った最中、その美女が女子高生だということが発覚した!?

「映画凄い面白かったですね!」 「え?」  映画館で偶然隣の席になった、二十代中盤くらいの同年代の美女から声を掛けられた俺。  これをキッカケに俺と美女は仲良くなり、毎週末一緒に映画を観に行くような間柄になった。  彼女の名前は三奈戸伊織さんといった。  三奈戸さんは見た目の割に子どもっぽい一面も....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

幼馴染の前で、時間が止まったフリをしたら……!?

「アハハ、何これー!」 「ん?」  今日も用事もないのに、何故か俺の部屋でゴロゴロしている幼馴染の沙也が、唐突に大笑いした。 「何だ? 何か面白いもんでもあったか?」 「これこれ、見てよ功輔!」  沙也に差し出されたスマホの画面を見ると、そこには時間を止める能力を手に入れた男が、女性にあれこれ....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

クラス一の美少女に、「はい」か「いいえ」で答えられる質問を4回だけして、好きな人を当てるゲーム

「ねえねえ、星凪さんはさ、好きな人いないの?」 「え? す、好きな人?」 「「「――!!」」」  とある昼休み。  ゴシップ好きで有名な黒川さんが、星凪さんに唐突にそう尋ねた。  その瞬間、クラス中の男子から息を吞む気配がした。  さもありなん。  星凪さんはクラス一の美少女で、大半の男子は星凪さ....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

『自分に関するクイズを出し合う』というレクレーションをクラスで催したところ、氷の女王の異名を持つ雪村さんが、俺のクイズだけ異様に正解してくる!?

 俺がこの高校に入部して、早や二ヶ月。  そろそろみんながどれくらい親しくなったか確かめるためと言って、担任の先生が、『一人三問、自分に関するクイズをみんなで出し合う』というレクレーションを開いたのだが、俺のように未だに友達が一人もいないボッチ男には、ハッキリ言って拷問以外の何物でもない。  そんな....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

配信者コンビを組んでる幼馴染に、ライブ配信中「実は俺、引っ越すんだ」ドッキリを仕掛けたら、「ずっと前から好きだったのにッ!!」と号泣された!?

将春(まさはる)と加奈子(かなこ)は、チャンネル登録者数60万人超えの『マサカナチャンネル』を運営している、幼馴染の高校生配信者コンビ。 ある日、『マサカナチャンネル』の人気企画の一つである『緊急ドッキリ企画』で将春がライブ配信中、加奈子に「実は俺、引っ越すんだ」ドッキリを仕掛けたところ、「ずっと前....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

人気書籍化作家の俺だけど、クラスメイトの姫島さんをこっそりヒロインのモデルにしてるうえ、そのヒロインが小学五年生のロリキャラだから、書籍化作家だってことを誰にも言えない

高校生男子の鴨川洋一(かもがわよういち)は、累計発行部数50万部を突破している人気ラノベ、 『防犯ブザーと伊達メガネ』の作者、『タラコ紳士』である。 だが洋一は、自分が『タラコ紳士』だということを、クラスの誰にも言えないでいた。 何故なら『防犯ブザーと伊達メガネ』のヒロインは小学五年生の女の子で、し....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

現代に生きる高校生吸血鬼の俺が、何故かクラス一の美少女から血を吸わせてもらうことに!?

「ハァ……、ハァ……!」  とある放課後の帰り道。  人気のない河川敷の高架下まで来たところで、いつもの発作が起きた。  だが、ここまで酷いのは初めてだ……。  全身から脂汗が噴き出て、視界が歪む。 「うっ……があああああッ!!」  俺の上の二本の犬歯が伸び、鋭く尖った。 「クッ、クソッ!」....
著者 : 間咲正樹