転生の小説一覧

カクヨム

王子様には秘密がある

「俺には前世の記憶がある」 お見合いの席で我がアシュトリア王国のぼんくら王子、ユージィン殿下は臆面もなくそう言い放った。「偶然ですね、私もです」とは言えない、言わない。私は平穏な一生を望んでいるのです。....
著者 : タイラ
カクヨム

無才印の大聖女 〜魔術を極めた転生聖女はあらゆる超一流実力者から畏怖される〜

回復魔法と雷魔法を極めた伝説の大聖女が、子爵令嬢イナビル=ラピアクタとして転生した。 だが彼女は、魔道具での才能測定の際、「聖印が歪んでいるから才能ナシ」と判定されてしまう。 しかし実は、その聖印の歪みは、聖女の身で雷魔法を極めたせいであった! 前世の実力を完璧に引き継いでいる彼女が、無能なわけがな....
著者 : 可換 環
カクヨム

育成ゲームの主人公に転生した俺、ゲーム知識と育成チートで不遇モンスターを最強に仕立てる

気が付くと俺は、世界的人気を誇るモンスター育成RPG『ファイティングモンスター』の、主人公『ロッド・マサラニア』に転生していた。 モンスターを従え、育成し、戦う『従魔士』となるべく、俺は『セントリア従魔士学校』に入学する。 そこで俺が授かったのは、激レアモンスター『ブラックスライム』だった! 「より....
著者 : 虹元喜多朗
小説家になろう

逆行転生して始皇帝を拾いました<百万字を超える完結保証>

先秦時代の趙括になって,白起と戦わせられることより恐いことある? 秦の人質である趙異人に妾である趙姫を託されたけど,どうしたらいいの? 現代人と二千年前のぶつかり合い!! タイトル別名 《始皇帝養成計画》 《嫪毐には絶対にならないからな!》 ・感想が欲しい!! ・レビューも欲しい,レビューの一つに....
著者 : 歴史の狼
小説家になろう

嘘の告白をされたその陰キャぼっち、前世では最強賢者につき。 〜スクールカースト底辺でキモいと蔑まれてきたけど、前世からの付き合いだった聖女からめちゃくちゃ溺愛されるしハーレムができあがってるんだが〜

 放課後、好きな女の子に告白された陰キャぼっち――黒田雅之。  だが、それは嘘の告白だった。  陽キャたちに失態を晒された雅之は、さすがに強いショックを受ける。  そんな彼の元に突如現れたのは、ユリィ・ローマリア。  前世において、ずっと付き添ってくれた聖女だ。  実は雅之は前世において《賢者....
著者 : どまどま
小説家になろう

転生したので自由を求めて天下を目指す(旧 毛利に滅ぼされないように抗います!! )

田舎でのんびりと農家として仕事をしている太田義久は気が付いたら出雲の尼子義久に転生していた。 転生もの小説や歴史好きな義久は転生したことに大喜びすると同時に絶望していた。 なぜなら尼子は毛利家に滅ぼされ尼子義久は長年幽閉されることを知っていたからである。 のんびりと自由に過ごすことが好きな義久は自由....
著者 : 現実逃避
小説家になろう

ドリーム・ライフ~夢の異世界生活~

 45歳の冴えないサラリーマンが異世界に転生?!  趣味なし、バツイチ、恋人なしの灰色の人生を送っていた男が、辺境の騎士の家に転生し、その能力をいかんなく発揮していく。  第二の人生で波乱万丈の“夢の異世界生活”を送ることができるのか? ――――――――――――  本作品は「Trinitasシリーズ....
著者 : 愛山 雄町
小説家になろう

やがて最強の転生者 ~超速レベリング理論を構築した男、第二の人生で無双する~

【完結まで毎日投稿】 スキルやレベルが存在し、魔物が跋扈する世界――。 男は魔物を討伐する「冒険者」になりたいと願っていたが、虚弱体質なので戦うことができなかった。そこで男は数多の文献を読み漁り、独自の超速レベリング理論を組み立て、他の冒険者に貢献しようとした。 だが、実戦経験のない人間の理論を採....
著者 : 絢乃
小説家になろう

お酒のために乙女ゲー設定をぶち壊した結果、悪役令嬢がチート令嬢になりました

気が付いたら、乙女ゲーム「ラブリー・ヘヴン」の悪役令嬢『シャルロッテ・アヴィ』になっちゃった……?このままだと斬首系ルートか魔族の国への追放ルートへ突入!? いいえ、そんなルートはいりません。 16歳からお酒が飲めるこの世界で、私は好きなお酒を飲んで楽しく生きるのだ!! 主人公がチートを使うのは特....
著者 : ゆなか
エブリスタ

異世界転生したら女になっていました

 その美貌は殺人的だ。  笑顔を見せれば男女問わず恋に落ち。  振り向いて髪を揺らせば誰もがその人に釘付けになり。  豊満な胸は形も整っていて触るとマシュマロより柔らかそうな感覚をしており。  肌はシミや汚れも何もなく綺麗な白い肌で洞窟に行ったらそれこそ光ってるのではないかと錯覚するほど。  この....
著者 : しぇいく
タイトルとURLをコピーしました