転生の小説一覧

小説家になろう

織田信長の宿敵(伊勢貞為(いせさだため))に生まれ変わったので、領地開発して天下統一を目指す

時は永禄三年(1560年)、伊勢家当主の孫である伊勢虎福丸(いせとらふくまる)は二歳となった。虎福丸は現代の歴史好きサラリーマンが転生しており、伊勢家が三好と松永に討伐される未来を知っていた。虎福丸は伊勢家の人々を説得し、危機を回避する。そして、足利家に仕えながら、自らの領土の拡大を狙っていく。....
著者 : 伊月空目
小説家になろう

精霊と会話できる私は、どうやら初代女王の生まれ変わりのようです

 孤児院で暮らすナディアは、幼い頃から他の人には見えない精霊が見えたり、話をしたりすることができた。  魔術学園に通わないと使えないはずの魔術も精霊にお願いすればなぜか使えてしまうけれど、そのことが原因で両親に捨てられたナディアはその力を周囲には秘密にしている。  魔術師になれるほど魔力が多ければ貴....
著者 : 侑子
カクヨム

転生先は回復の泉の中~苦しくても死ねない地獄を超えた俺は世界最強~

転生直後、目を覚ますとエルビスは回復の泉の中で窒息しかけていた。 水面に出ることもできず死ぬこともできない主人公は、水中で大量のスキルを獲得する。 半年後溺れ続けた主人公のエルビスは泉の天井を破壊して脱出する。 死んだ事になっていたエルビスは幼馴染のシルヴィと再開する *序盤はのんびりと伏線を張った....
著者 : がががうす
小説家になろう

ちびっ子元聖女は自分は成人していると声を大にして言いたい!

※ 【連載版】を始めました。よろしければ、読んでいただけると嬉しいです!  令嬢に必要な物は何か。優雅さ?美しさ?教養?どれもこれも確かに必要だろう。だが、そうではない。それがなければ、見向きもされず、それがなければ、壁の花にすらなれない。それとはなにか。ハッキリ言おう。身長である!!!  前世聖女....
著者 : かのん
小説家になろう

婚約破棄された侯爵令嬢は、元婚約者の側妃にされる前に悪役令嬢ファンのイケメン転生者に隣国へ連れ去られます

「アナベル・ハワード侯爵令嬢、君との婚約は今日をもって破棄する!」 婚約破棄‥‥! イーサン王太子殿下のこの言葉をもって、アナベルの未来は既に決まってしまった。 あとは彼の言い分を粛々と聞いて、従者とこの国を出るだけだ。 ‥‥と、思ったら従者の彼がやって来た? あなたはただの従者ではなかったの....
著者 : Haro
エブリスタ

人事部のアラサーOLが、どうあがいても死刑になる悪役令嬢に転生!~生き残るために男装したら、冷酷王子の側近として学園生活するハメになりました~

乙女ゲームのプレイ経験値ゼロ! 恋愛経験値ゼロ! 人事部の経験だけはある! そんなアラサーOLのミカが、どうあがいても死刑になる、悪役令嬢に転生! 生き残るには男装して学園生活を送るしかない!? しかも、なるべく関わりたくなかった冷酷王子の、側近になるはめに·····。 ◇下記はクロード王子とミカ....
著者 : あき
小説家になろう

王弟殿下のお気に入り

伯爵令嬢のアシュリーは、前世で魔族の黒ウサギだった記憶をもつ。王弟である侯爵に見初められ婚約するが、彼は魔族を滅ぼした勇者の子孫で――!? 前世のせいかウサギ(小動物?)のようなアシュリーが、なぜか侯爵の許にいる魔獣を魔術師たちと協力して目覚めさせながら、飄々とした侯爵の心をとろかしていくほのぼの話....
著者 : 新山サホ
小説家になろう

庇って死んじゃう系の感動を、あたしは絶対に許さない。[連載版]

 エディは、思い出した。この世界が前世で読んだ物語の世界であることを。自分が物語の初めに主人公をかばって死ぬ、「初恋の少女」であることを。エディは思う。そんな物語なんかあたしは大っ嫌いだ。....
著者 : A×A
小説家になろう

人工魔王 ~ハイテク使ってダラダラ生きていたら何故か魔王と呼ばれるようになったんだが(泣)~

ブラック企業で過労死した吉備津兆は、その後の世界で万能アンドロイドとして転生する。 人類は滅び、生態系が変化し、モンスター蠢く未来世界で、兆は自身の超スペックと過去のハイテク技術を利用し、周りを好き勝手に開拓しながら気ままに引き籠もり人生を謳歌していた。 文明が滅び、野性に還った世界で、異色なまで....
著者 : 村人T
エブリスタ

グレイトフル

少年の世界には、転生者と呼ばれる者達がいる。 一人は元の世界で絶命し神に新しい命を授けられ、一人はコンビニからの帰宅時に気付けば迷い込んでいたなど、理由は様々だ。 しかしてそのどれもが例に漏れず、世界の住人から羨望の眼差しを向けられる程の能力を有し、生誕する。 少年は思う、神は"クソ野郎"だと....
著者 : 愚者
タイトルとURLをコピーしました