陰謀の小説一覧

小説家になろう

残酷姫は侍女の躾で破滅を回避する

何不自由なく暮らす小国の王女、クラウディア6歳。けれど、ある日その日常が一人の侍女によって揺るぐことになる。「残酷姫クラウディア、あなたはこのままでは16歳で処刑されます」。彼女は、そんなクラウディアを救うために未来から逆行転生してきたというのだ。荒唐無稽でありながら、世界から消えて久しい魔法を見せ....
著者 : 有沢ゆう
小説家になろう

すべてを奪われた少女は隣国にて返り咲く

サーラには秘密がある。 絶対に口にはできない秘密と、過去が。 ある日、サーラの住む町でちょっとした事件が起こる。 両親が営むパン屋の看板娘として店に立っていたサーラの元にやってきた男、ウォレスはその事件について調べているようだった。 事件を通して知り合いになったウォレスは、その後も頻繁にパン屋を訪....
著者 : 狭山ひびき
小説家になろう

滅びの大聖女は国を滅ぼす

妹の為に訪れた卒業パーティーで、突然第三王子に婚約破棄される大聖女マヤリス。更には「大聖女を騙る魔女!」と続く断罪。王子の傍らには真の大聖女だという、光魔法の癒しを使える男爵令嬢が。大した事の無い婚約破棄と断罪が、国を滅ぼしてしまうまで。 ※残酷な描写が多少有り(処刑有り)念の為R15です。表現は控....
著者 : ひよこ1号
小説家になろう

婚約破棄されて自由を手に入れた女伯爵ですが、知識をいかして司書になったら王弟殿下に認められ、専属になりました

カルリアナは伯爵位を継いだばかり。浮気した許嫁の婚約破棄をさっさと受け入れ、王都で司書になった。 職場になじみ、頼りにされる充実した日々。 そこへチャラい美青年が現れ、地方で起きている食中毒事件の原因究明をカルリアナに依頼する。 即座に原因を突き止め、彼を王弟ディートシウスだと見破ったカルリアナを....
著者 : 畑中希月
小説家になろう

成金悪役家の当て馬令嬢は、はやく断罪後を満喫したい

ふとしたきっかけで前世の記憶が戻ったルクレシア・オルピュールは、自分が乙女ゲーム『シュゼットの歌声は永遠に』の悪役令嬢に転生したことを知る。 ルクレシアの役どころは、あくどい商売で成り上がり、王都の裏社会を牛耳る男の孫娘。 金の力で王太子の婚約者となるものの、聖女に断罪され追放される当て馬である。 ....
著者 : 杓子ねこ
小説家になろう

死者に嫁がされた令嬢ですが、死んでたはずの公爵令息が生き返ってもぐいぐい求婚してきて困る

ディーナ・オルセインは非業の死を遂げた公爵令息ニールと結婚することになった。とは言っても、家業である「死者の最後の言葉を聞き、心残りがないように丁重に弔う」業務の一環として、花嫁姿で彼を見送る、というだけの簡単なお仕事のはずだった。しかしニールの魂は「俺は殺された」と物騒な事を言い出して、ディーナの....
著者 : 辺野 夏子
小説家になろう

別れねばなりません、あなたもわたくしも跡継ぎになったから

侯爵令嬢セシール・アシュフィールドは仮公爵クリフォード・マイルスカーフとの婚約を解消した。何故ならセシールの兄が亡くなり、セシールがアシュフィールド侯爵家を継がねばならなくなったから。マイルスカーフ公爵家邸を訪ねたウィルマー封爵大臣は、貴族家当主同士の結婚は可能だという。しかしその選択はクリフォード....
著者 : 彁イズミ
小説家になろう

元子爵令嬢の訳あり美人家政婦に、ハートと胃袋を掴まれました

ある日カーター・マッキントッシュ侯爵令息が帰宅した時、出迎えてくれたのは王立学校での同期クールビューティーのサト・ラリック元子爵令嬢だった。サト嬢はカーターの家の住み込みの家政婦として働き始める。しかしラリック家には魔王に関わる秘密があった。二人はラリック家を巡る陰謀に巻き込まれるのだった。....
著者 : 彁イズミ
小説家になろう

元魔王の娘が聖女に転生っておかしくないですか?~前世でわたしを殺した勇者の末裔に言い寄られても困ります!~

「痛い……」異母妹ユリアに崖の上から突き落とされて瀕死の重傷を負った五歳のエレオノーラ・クラッセン伯爵令嬢は、自分の脳に走馬灯のように前世の記憶が蘇っていくのを感じた。 そうだ、わたしは1000年前に聖女と勇者に殺された魔王の娘サンドリアだった。記憶を思い出すとともに、魔族にしか使えない「魔術」が....
著者 : 狭山ひびき@未来で冷遇妃(ノベル)2巻は12/5発売予定です!
小説家になろう

【完結】『マリアンヌの初恋』〜愛妾から最愛へ。呪われた辺境伯を救うのは、目覚めた聖女の力〜

 マリアンヌ・ウェンリーは、ファイラード王国の貴族であれば、ほぼ誰もが使える簡単な魔法すらつかえない落ちこぼれ貴族である。  両親は子爵であったが十年前に他界、今その子爵位は、ほとんど血の繋がらないベイルという男がその跡を継いでいる。  マリアンヌは前子爵の遺児として、ベイルに保護されたことに....
著者 : 山田詩乃舞