魔法学校の小説一覧

小説家になろう

魔法学校は、卒業してからが本番です!〜購買部のマチルダさん〜

【あらすじ・短Ver.】これは、辺境伯の養女になった私が魔法学校で優秀な成績を収め、貴族の令息と婚約し、ついには王宮魔法顧問に上り詰めて内政チートするサクセスストーリー! ……のはずが、途中のどこでレールを外れて、同期のライバルと同居しながら母校の購買部で働いているんでしょう? 【あらすじ・長Ver....
著者 : 遊森謡子
小説家になろう

二十七歳で異世界トリップして魔法学校一年生になりました(クラスメイトはみんなローティーンです)

異世界トリップして魔力を得てしまったからには、魔法の使い方やルールを学ぶため、この世界の人と同じように義務教育を受けなくてはいけないそうな。十代前半の子たちに交じって、二十七歳のノエミ、一年生クラスで頑張ります。一人だけ十八歳の子もいるしね(それでもずいぶん若いけど)!....
著者 : 遊森謡子
小説家になろう

物語の都合でざまぁ&処刑されるクズ王子、記憶を取り戻して転生し、魔法学校からやりなおす!

毎度毎度、ざまぁ&処刑されるクズ王子は、神獣から滅亡を繰り返す世界の救世主として大抜擢される。 地球から召喚された聖女の攻略をかいくぐり、悪役令嬢の国外追放を回避させ、男爵令嬢の色仕掛けをスルーし、王子本人も生存ルートを確保したまま世界を救うことはできるのか!?....
著者 : 江本マシメサ
カクヨム

俺の召喚獣、死んでる

 魔術師の上級職として召喚術師が存在する異世界。  その交易都市ラダーマークの召喚術師養成学校に通うフェイル・フォナフが喚び出した相棒は、とんでもない化け物だった。  太古の時代に神々を殺し回ったという大魔獣。  山脈すらも粘土細工のように軽く握り潰したという超絶巨大な召喚獣。  おいおい、これで学....
著者 : 楽山
タイトルとURLをコピーしました